コンテンツへスキップ

大鶴義丹さんがやっていた5秒筋トレが気になる

世界一受けたい授業で大鶴義丹さんがやっていた5秒筋トレ。

結果から言うと、2週間5秒筋トレを行って大鶴義丹さんは、

  • 体重:80.5Kg→77.05Kg(-3.45Kg)
  • ウエスト:88.5cm→84.0cm(-4.5cm)
  • 内臓脂肪:120㎠→74㎠(-46㎠)

という結果が出たみたいです。

簡単さが魅力

何が惹かれるかって、簡単そうなのよね。

紹介されていた5秒筋トレは、

  1. まず足を肩幅に開いて、頭の後ろで手を組みます
  2. 息を大きく吸いながら腰を右に持っていきながら、上半身は、左に動かします。そしてそのまま5秒間キープ
  3. 5秒間キープし終わったら、息を吐きながら最初の体制に戻って今度は、同じように反対側をやっていきます
  4. 左右それぞれ10回繰り返して1セット。これを1日1回行う
  5. 慣れてきたら左右の動きを早くする。5秒で15回を目安い行うと効果が高い

腰の横に大きなボタンがあって、腰でボタンを押すようなイメージで行うのがポイントみたいです。

太ももを引き締める5秒筋トレ

太ももの内側にある「内転筋」を鍛える5秒筋トレも紹介されていました。

内転筋なんて普段使わないでしょう。名前も知らなかったし…

内転筋を鍛える筋トレは、

  1. 足を肩幅に開いて、両手を胸の前で軽く合わせます
  2. 合わせた手を下向きにして息を吐きながら5秒かけてひざを内側に絞っていきます
  3. 息を吸いながら元の形に戻ります

こちらは、10回を1セットとして1日に3セット行うといいみたい。

お尻を引き締める5秒筋トレ

最後は、お尻を引き締める「深層外旋六筋」の5秒筋トレです。

「深層外旋六筋」なんて言葉も初めて聞きました。

「深層外旋六筋」を鍛える筋トレは、

  1. 床に横たわって、片方の腕を頭の下に入れます
  2. 上側の足をおへその前で90度曲げ、ひざも90度に曲げます
  3. ひざを曲げたまま、大きく息を吸いながら5秒かけてゆっくり上の足をあげていきます
  4. 足が上がり切ったら、息を吐きながら5秒かけてゆっくりと足を下げていきます
  5. 反対側も同じようにやっていきます

こちらも左右10回を1セットとして1日2セットやると効果的だそうです。

続くかどうかわかりませんが、ちょっとトライしてみようかと思います。動作自体は簡単だから頑張んなきゃね。